声のスペシャリストを輩出し続ける声のカリスマが送る、待望のボイトレ教材「声のプロになるためのボイストレーニング講座」

ボイストレーニング監修者福島先生

ボイストレーニング監修者福島先生ボイストレーニング監修者プロフィール福島英(ふくしまえい)
 ブレスヴォイストレーニング研究所の代表。社会に「声の重要性」を精力的に説き続けている。声の伝導師と呼ばれ、50冊以上のヴォイストレーニング関連の本を出版している。
 プロのヴォーカリストや俳優の指導、および海外のアーティスト、トレーナーなどとの交流によりブレスヴォイストレーニングを考案。その後、多くのプロダクションと関わる。
 主宰するブレスヴォイストレーニング研究所にて、スタッフ、トレーナーとともに、常時、200人以上のヴォーカリスト、俳優、声優、アナウンサー、タレント、ナレーター、インストラクターから、政治家、起業家、教師など声をプロとして使いたい人、ビジネスマン、OLなどの指導育成を実施している。
 また、各分野の専門家、ヴォイストレーナー、演出家、プロデューサー、音声医などと共に、多くの研究と実践活動を行なっている。「声がみるみるよくなる本」CD付(中経出版)、「声優・朗読入門トレーニング」(新水社)、「好感度アップ!声がよくなる簡単トレーニング」(成美堂出版)、「愛される声」に生まれ変われる本」(宝島社)、「英語耳ボイトレ」(アスキーメディアワークス)、「人は声から若返る」(祥伝社)、「ヴォーカルの達人シリーズ」(シンコーミュージック)など、ベストセラー、ロングセラーを含め、ヴォイストレーニング関連の著書を持つ。

福島英先生著書一覧 ブレスボイストレーニング研究所の受講生

 現在、研究所には、いろんな分野のプロの方や一般の方が通っている。たとえばプロの歌手、俳優、声優をはじめ、劇団四季、宝塚歌劇団、吉本興業、落語協会、日本放送協会などに所属する演劇、ミュージカル、放送、落語、お笑い芸人など。

【受講生一覧】
1.声楽:オペラ歌手、音大生、音大受験生
2.ヴォーカル:ポピュラー、ロック、ジャズ、オールディズ、シャンソン、パンク、ヘビメタ、バンド、弾き語り、シンガーソングライター、エスニック、フラメンコ、バリ、ハワイアン、サルサ、サンバ、ボサノヴァ
3.芸人:お笑い、落語家(とそのお弟子さん)
4.邦楽:長唄、小唄、端歌(人間国宝のお弟子さん)
5.声優:有名な役どころ出演者多数(代々木アニメーション、ナレーション研究所など)
6.俳優:劇団四季、ミュージカル、劇団多数、そのオーディション受験者
7.アナウンサー、ナレーター:キー局(NHKほか、地方の方もスクーリングに)、タレント、司会、パーソナリティ、朗読家、詩人
8.指導者:合唱団、コーラス、トレーナー
9.ビジネス:会社研修、日常のためのヴォイトレ希望者
10.政治家、学者、医師、演出家、劇作家、日本語教師
11.その他:トレーナー、影絵、芝居、パントマイムほか

<受講生の構成>
■プロ 30〜40% ■プロ志願者 30% ■一般 30%
■歌手 40% ■役者・声優 30% ■一般・その他 30%

区切り線