中国式現代卓球講座〜もっと強くなりたい人のための「勝つ」卓球〜

がんばろう東日本 みなさんこんにちは。日中卓球センターの毛大宝です。
私は、8歳で卓球を始め、めきめき強くなり、15歳のときから中国ナショナルチーム青毛大宝年部に所属。その後、河南省体育工作学校(プロ卓球学校)で選手として13年間、女子部コーチとして3年間指導してきました。そして、1992年に「ふくしま国体」の中央アドバイザーコーチを依頼され、中国の卓球を教えるために日本に来たのです。
日本では10人以上の全国小・中学生チャンピオン、高校生・一般でも東京都チャンピオンや全国上位に入る生徒が育ち、今では日本のトップクラスの選手たちも私のところに習いに来るようになりました。
トップクラスの選手達が実践している練習方法を公開します
この教材を見て練習すれば、確実にあなたのレベルは上がります。そして、多くの人が見れば日本全体のレベルも上がります。もしかすると中国を負かしてしまうような選手が出てくるかもしれません。
なぜ、そんな貴重な中国秘伝の練習法を公開しようと思ったのか?
母国である中国を敵に回してしまう危険性をはらみながらも、なぜ公開することにしたのでしょう?
それは、もっともっとみなさんの卓球のレベルが上がってくれればいいと心の底から望んでいるからなのです。仮に日本が中国を負かしたとしても、中国はまたすぐに巻き返してくるでしょう。 そんな底力は絶対あると思っています。結果、お互いに切磋琢磨し、世界の卓球レベルがさらに上がってくれることを望んでいるのです。 そして、卓球を通じて、日本と中国の架け橋になる。
それが私の夢なのです!
8歳から卓球を始め、もう40年近くも卓球を続け、卓球で生計をたて、ここまでくることができました。そんな自分ができる卓球界への恩返し。世界最先端の技術や練習法を教えることで中国と日本のみなさんに少しでも返していきたい。それが自分の使命だと思っているのです。
さあ、まずは、私が公開する技術を学んで、あなたの卓球レベルを上げることに集中してください。 必ず上達します。 必ず勝てるようになります。 ある程度までなら、そんなにむずかしくはないはずです!
日本は中国卓球を学ばなければ中国との差を縮めることはできても追いつくことは永遠にできないだろう

1967年: 河南省生まれ

1982年: 中国ナショナルチーム青年部在籍

1983年: 河南省体育工作学校(プロ卓球学校)在籍
sp 選手として13年間、女子部コーチとして3年間

1992年: ふくしま国体の指導依頼を受け、来日

1993年: 第50回国民体育大会(ふくしま国体)
sp 中央アドバイザーコーチ就任

1996年: 武蔵野高校卓球部コーチ

1998年: 淑徳大学卓球部コーチ

1999年10月:日中卓球センター開設
sp 以降、10人以上の小・中学生チャンピオンを育成


【表彰暦】

1998年: 全国クラブチーム選手権(セブンイレブンカップ)
sp団体優勝 東京選手権サーティの部 3位

1999年: 東京選手権サーティの部 3位

2003年: 関東社会人選手権 優勝(サーティの部)