失敗しない!後悔しない!レーシック手術の気になる疑問を徹底分析

目の表面の角膜にエキシマレーザーをあてることにより、角膜の曲率を変え視力を矯正する手術のことで、 正式名称は『Laser in situ Keratomileusis』といいます。
※「Keratomileusis」はギリシャ語で、「Keratos」は角膜、「mileusis」は修正するという意味で、全体を直訳すると「レーザーによる角膜修正」という意味になります。

レーシックQ&A

一般的に行われているレーシック手術とは、イントラレース(レーザー)もしくは、マイクロケラトーム(カンナのような電動メス)で角膜の表面を薄く切り、フラップ(角膜をスライスしたもの)を作り、それをめくります。表出した角膜実質層にエキシマレーザーをあてることによって、角膜の一部を削り、その後フラップを元の状態に戻すと、フラップが自然に接着します。角膜中央部が薄くなるため角膜の曲率が下がり、近視や乱視・遠視の矯正が可能となります。



レーシックの現状について教えて

【米国】
1995年にFDA(米国食品医薬品局)がエキシマレーザーによる視力矯正手術を認可し、急速に普及しました。これまでにAAO(米国眼科学会)や ASCRS(米国白内障屈折手術学会)がレーシックの安全性を認めていましたが、米国防総省の医学委員会がレーシックを積極的に支持するようになったことで、さらなる安全性が証明されてきました。現在、米国における1年間のレーシック手術を受ける患者数は140万人を超えるとされています。
【日本】
アメリカに遅れること5年、2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術であるレーシックを認可し、 その安全性が確認されました。 日本では年間約10万人の矯正手術が実施されていますが、米国の約140万人以上に比べると、浸透しているとは言えない状況です。しかし、近年序々に社会的に認知度が高まり、プロスポーツ選手や各界の著名人などを中心に、視力回復による快適な生活を手にしていると発表されています。現在はメガネやコンタクトレンズに次いで、第3の近視矯正方法として注目を集めています。
〈参考〉世界では年間約180万人がレーシックによる手術を受けているといわれています。


【イントラレーシック】
角膜のフラップをめくり、レーザーにより視力を矯正する仕組みは、レーシックと一緒ですが、フラップを作る際にレーシックでは電動カンナのマイクロケラトームを使用しているのに対し、イントラレーシックはイントラレースFSレーザーというコンピュータ制御のレーザーを使用します。高性能レーザーを用いることにより、手術の安全性や精度がアップしているため、今後視力矯正手術の主流になっていくと考えられています。しかし、フラップの作成や接着が従来のレーシックよりも時間がかかるという報告がなされています。

【ラセック・エピレーシック】

フラップをめくり、視力を矯正する過程はレーシックと同様だが、角膜上皮の部分だけ切り取った薄いフラップを作るのが特徴で、角膜上皮は再生するので、最終的にはフラップはなくなります。レーシックを受けるだけの角膜厚が少ない人や、格闘技の選手など物理的な衝撃でフラップがずれる可能性のあるような激しいスポーツをしている人に適しています。ラセックはアルコールを用いて、角膜上皮を柔らかくしてフラップを作るのに対し、エピレーシックはエピケラトームという医療器具を用いて、フラップを作ります。角膜上皮が完全に再生するまでの3〜7日程度、少々痛みが残るので、保護用のコンタクトをつけます。合併症の1つであるヘイズ現象がおきやすいという報告があります。

【フェイキックIOL】(レーシックではありません。)
強膜または角膜を切開し、水晶体の近くに直接矯正レンズを埋め込みます。近視の度合いがひどく、レーシックでは回復しきれない人に効果があります。手術後に見え方に不具合が生じても、取り外すことができます。高度な医療技術を必要とするため、執刀医には特別にフェイキックIOLの資格が必要で、50〜90万円とレーシックに比べ値段は割高です。



レーシックって本当に安全なの?

1995年に米国、2000年に日本でエキシマレーザー治療が認可されてから現在までに、手術後「失明した」という報告は確認されていません(2008年10月現在)。訴訟国米国においても、失明の訴訟は1度も行われたことがありません。というのも、レーシックは角膜の一部を削るだけで、眼球内部に触れることはないので、失明することはまずあり得ないのです。
合併症についても説明しておきましょう。合併症と聞くと、何か大きな病気でも併発するように感じられるかもしれませんが、レーシックにおける合併症とは、ほとんどが一時的なもので、個人差はあるものの時間の経過とともに改善されます。代表的な合併症としては以下のような症状があります。
■ハロ現象:特に夜間、光の周辺がぼんやりと霧がかかっているように見える現象。
■グレア現象:光が通常よりも眩しく見える現象。
■ドライアイ:角膜表面が乾く現象。
手術後、誰にも起こり得ますが、先にも述べたように、点眼や時間の経過とともに改善されます。手術前にも説明があるので問題となることはほとんどありません。
ただ、可能性としてはごくわずかながら、下記のようなの合併症が起きたという事例が報告されています。
■フラップの形成不全:フラップの形成がうまくできず、不正乱視などで視力が戻らない症状。
■角膜拡張:角膜を多く削り、薄くなった部分に目の内部から圧力が加わることによって、角膜の形状が変化して強度の近視・乱視を発生する症状。
■ 感染症:角膜の切り口から細菌やウイルスが侵入し、角膜が白く濁る症状。

レーシックの機器や技術が進歩し、このような重度の合併症が起こる可能性は1%にも満たないとされていますが、その可能性がゼロではないということを知っておきましょう。



レーシックの費用ってどのくらいかかるの?

健康保険が適用されず実費診療のため、病院により施術費用が大きく異なります。基本的に15〜30万円というあたりが相場になっていますが、レーシックの認知度が高まるにつれ、最近は手術費が安くなる傾向になりつつあります。医療機器も年々安全性や精度が高くなっており、最新機器を揃えた手術は一般のレーシック手術よりも概ね4〜5万円程度費用が高くなります。クレジットカードの適用や分割払いが可能なところもあります。また、手術前に行われる説明会や手術前検査は無料とするところが多いようです。

レーシックとコンタクトレンズの費用比較

※コンタクトを5年以上使用するなら、レーシックの方が割安となります。



◎メリット
・ほとんどの人の視力が1.0以上に回復するので、メガネやコンタクトレンズが不要になり、道具のケアや装着などの手間がなくなります。
・個人差もありますが、多くの患者が手術の翌朝には視界がクリアな状態になります。
・痛みがほとんどなく、両眼で10〜20分で手術が終わります。
・入院の必要がなく、手術したその日に退院できます。
・10万円以上の医療費の支払いがある場合、確定申告をすれば税金の還付を受けられます。
・生命保険に加入していれば「給付金」が支払われるケースがあります。
(新たに加入する 場合は認められにくい)
・長期的に見ると、コンタクトレンズ使用の場合よりも安くなります。(上のグラフ参照)
×デメリット
・健康保険は適用されないので、実費診療となります。
・18歳未満は手術が受けられません。
・手術を希望する人全員が受けられるものではありません(角膜厚が足りない等)。
・角膜の曲率を変えて視力を矯正するもので、根本的な視力の回復とは言えません。
・国に認可されてからの期間が短いため、長期的な安全性がまだ確立していません。



レーシックの手術ってどんなことをするの?

※クリニックにより異なる場合がありますので各自お問い合わせ下さい。

1、手術前検査
■カウンセリング:事前にレーシックの説明を行い、不安を解消します。今までの病気やアレルギーの有無などの問診もします。
■視力検査:裸眼視力と矯正視力を測定します。
■屈折力測定:通常の状態で計測した後、調節麻痺剤を点眼して再度測定します。
■角膜厚測定:角膜の厚みを測定します。
■角膜形状の測定:角膜の形状、屈折力を検査し角膜がどの程度湾曲しているかを調べます。
■眼圧測定:眼球内を満たす眼内液の圧力を測定します。
※検査結果を検討し、レーシック手術が可能かどうか判断します。この検査で不可能と判断された場合でもその状態が、再検査で問題が無ければ、手術を受けられることもあります。また、手術が可能と判断された場合も、手術を受けなくてはならないということではなく、最終的な判断は自己責任で決定します。

2、手術
a.点眼麻酔:麻酔液を点眼します。
b.瞼を開瞼器で固定:まばたきをしないよう、目を開けた状態で固定します。
c.フラップを作る:マイクロケラトームによって、角膜層を薄く切りフラップを作ります。  
d.フラップをめくる:cの工程で作られたフラップをめくります。  
e.レーザーを放射:エキシマレーザーを数十秒あて、角膜を修正します。  
f.フラップを戻す:めくりあげたフラップを元の位置に戻します。  
g.抗生剤を点眼:抗生剤を点眼し、フラップが自然に吸着するまで待ちます。

3、手術後
手術当日の夜は、洗顔、入浴や目に刺激のあるものは控えなければなりませんが、手術翌日の検査で異常なしと判断されれば、洗顔や洗髪は目を濡らさなければOKとなります。
その後は定期的に検診を受け、視力は徐々に安定していきます。個人差もありますが、回復の早い人で4〜10日、遅い人でも1ヶ月後は日常生活に支障なく生活できます。
※スキューバダイビングなど、目にとって特に刺激の強い行為に関しては医師と相談して下さい。



レーシックを受けた著名人には誰がいるの?

 横峯さくらさん(ゴルフ)、松坂大輔さん(野球)、杉山愛さん(テニス)、玉田圭司さん(サッカー)、といったプロスポーツ選手や、倖田來未さん(歌手)、松方弘樹さん(俳優)、吉本ばななさん(作家) 、陣内智則さん(タレント)など。多くの著名人がレーシック手術を経験し、視力を回復させた経験を持っています。有名なクリニックの公式HPには、多くのタレントやプロスポーツ選手たちの手術の体験談が多く載せられていますので、読んでみるのもいいかもしれません。

 これからレーシックの手術をしたいと考えているなら、まずは資料請求をして、各クリニックの説明会に参加するようにしましょう。医師の話をよく聴き、不安な部分は納得するまで質問することが大事です。事前検査までは無料で行っているところも多いです。
 ・合併症についての充分な説明を受けましょう
 ・充分な手術実績、矯正実績があるかを確認しましょう
 ・アフターケアが充実しているか質問しましょう
 ・手術をむやみに推奨するクリニックではないか注意しましょう
 ・手術費用は適正か、他と比べてどうかチェックしましょう
 ・保険は使えるのか、分割払いが適用できるのかを確認しましょう
 ・交通の便はどうか、アクセスを確認しましょう。
あなた自身の大切な目のことです。友人や家族に相談にのってもらったり、ともに説明会に参加したりすることによって、客観的に考えることができます。また複数の説明会に参加して比べてみたり、事前検査から手術を受けるまで一定の期間をおいたりといったことも効果的です。  本当に信頼・安心のできる医院やクリニックを見つけてください。


 コンタクトレンズを使用する上のメリットとしてまず挙げられるのは、容姿が裸眼の場合と変わらない点です。メガネをかけた姿に抵抗がある人にとって、通常時と外見が変わらないというのは大きなメリットです。またメガネの場合、接点となる鼻の部分の化粧が落ちやすくなるといった理由から、コンタクトレンズを選ぶ女性も多いです(コンタクトレンズの使用率は女性の方が男性に比べ圧倒的に多いとされています)。
 機能の面では対象物の見え方がとてもクリアで、視界をさえぎらないので、頭痛などの症状が起きにくいともいわれています。突然外れたりすることも少ないので、スポーツをする場合にも適しているでしょう。また湯気や結露でレンズが曇る心配はほとんどありません。現在一般的に広く浸透している使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズは、装着時の違和感が小さいことで好評であり、たとえ誤ってなくしたり、損壊したりしても被害を小さく抑えることができます。
 メガネ利用者にとって、最大のメリットは消毒などの手入れが基本的には不要であることです。着脱も楽で、就寝前に取り外さなくてはならない煩わしさもありません。そのためコンタクトレンズ使用者であっても、家の中ではメガネを利用している人も少なくありません。また、直接眼球に触れることはないので、眼球や角膜の負担がなく、眼病や合併症の危険性から開放されます。
  コスト面のメリットとしては、頻繁に買い替える必要がないので、長期的に考えれば安く抑えることが可能です。最後に、人によりけりですが、装飾品として利用できる点や「知的」なイメージとして捉えられる傾向があるということもつけ加えておきましょう。






ご注意:当サイトは、レーシックに関する情報提供を行っていますが、レーシックに関する詳細は必ず各眼科・クリニックへお問合せください。